第19回講演会(長崎)の再開予告です

2019年10月1日に開催を計画していた第19回講演会(長崎)は台風来襲のため中止させて頂きましたが、参加申込み頂いた方々には大変ご迷惑をお掛けしました。その後、長崎市での再開に向けて準備を進めてきた結果、来る5月20日に講演会を、翌21日に現場見学を開催できる見込みとなりました。

詳細が決まりましたら追って本ホームページでご案内いたしますが、どうかご予定に入れて下さいますようお願い申し上げます。

2018年度試験問題(択一式)の解答例をアップしました

2018年度試験問題(択一式)の解答例をアップしました。「過去問の解答例」からダウンロードしてください(ただし会員限定です)。

解答例をご覧になりたい非会員の方は、会員登録してください(海洋・港湾構造物維持管理士の資格保有者は正会員、その他の方は準会員でのご入会となります)。

点検診断支援システム

桟橋上部工の撮影画像から生成した3Dデータを用いて、展開図の生成(自動)~変状の抽出(半自動)~劣化度判定(手動)~点検帳票の作成(自動)を行う「点検診断支援システム」を、国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 港湾空港技術研究所が無償配布しています。
詳しくは、港湾空港技術研究所のホームページをご覧ください。
https://www.pari.go.jp/unit/lcm/sip/lcm-soft.html

港湾施設の変状連鎖の解説動画をアップしました!

国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 港湾空港技術研究所が港湾施設の変状の進行を分かりやすく解説した動画を制作しました。同研究所の許可を得て、本ホームページにその動画をアップしました。

画面右の「CONTENTS:港湾施設の変状連鎖(動画解説)」からお入りください。